すぎやまこういちがやってきた! 〜ヒット曲からドラゴンクエストまで〜

レベルがあがった!

すぎやまこういちがやってきた! 〜ヒット曲からドラゴンクエストまで〜(東京都交響楽団)
・2007年9月23日(日)14時開演(13時30分開場)
・札幌コンサートホール kitara 大ホール
・指揮とお話:すぎやまこういち


○昨日オオタさんと二人ですぎやまこういちコンサートに行ってきました。「コンサートホールkitara」は事務所から歩いて5分ほどの近所なんですが、全然行ったことなかったんですよね。というわけで、なんというかkitaraの建物や大ホールの構造にワクワクしまくりでした。あれを3Dモデリングにするとか考えたら結構厄介ですよ。

【第一部(ビートルズ〜すぎやまこういちヒット曲)】
  イエスタデー
  フール・オン・ザ・ヒル
  オブ・ラディ・オブ・ラダ
  亜麻色の髪の乙女
  恋のフーガ
  ローマの雨
  学生街の喫茶店
  落葉の物語
  君だけに愛を
  花の首飾り
  シーサイド・バウンド

【第二部(交響組曲「ドラゴンクエスト V 〜天空の花嫁」より)】
  序曲のマーチ
  王宮のトランペット
  愛の旋律
  空飛ぶ絨毯〜大海原へ
  洞窟に魔物の影が〜死の塔〜暗黒の世界〜洞窟に魔物の影が
  戦火を交えて〜不死身の敵に挑む
  高貴なるレクイエム〜聖(ひじり)
  大魔王
  結婚ワルツ

第一部はビートルズの曲から始まり「亜麻色の髪の乙女」や「学生街の喫茶店」などすぎやまこういちさんのヒット曲メドレーでした。ご自身の曲をオーケストラ用にアレンジしまくりで、次の展開がとても楽しみになる素晴らしいものでした。さすがとしか言い様がありません。出だしと曲調が変わる時にすぎやまさんらしさ全開な感じのアレンジでした。

第二部はいよいよ本命のドラクエ。でも残念なことにドラクエVやったことないんですよね…。ドラクエは1から4までのファミコン世代なんです。スーファミ自体ほとんど触れて来なかった悲しい青春時代なもので。でもやっぱりドラクエ音楽はイイですね。聞いてて安心します。「序曲のマーチ」は鳥肌ものでした。これ、小学校の運動会でやらされたので、今でも鍵盤ハーモニカで出来ます。

そしてなんとドラクエ3のエンディング曲をアンコールに持って来ると言う驚きの構成。いやはや感服しました。やはりドラクエは3が最高です。あとここまで書いといてなんですが、「ファミコン音源のドラクエ」が自分には一番だと思った次第です。

すぎやまさんと言えば以下の逸話が素晴らしいのでご紹介しておきます。カッコイイですね。

『音楽なんて2音で充分。ドラクエは2音で作ってるよ』

『「序曲」のメロディは、出来上がるまでに5分とかからなかったという。しかしすぎやま曰く、それは「5分+54年」なのだという。それまでの54年の人生があって初めて「序曲」を世に生み出すことが出来た』

カワハラ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57514827

この記事へのトラックバック

そして伝説へ
Excerpt: すぎやまこういち氏『ドラゴンクエスト』の音楽を久しぶりに聴く。 大げさにいうと、自分の一部を取り戻したような気分。 大学に入ってから、いわゆるクラシックも聴くようになったけど、このドラゴン..
Weblog: La Fenice
Tracked: 2008-09-02 06:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。